「脳トレで頭スッキリ」2017年8月23日 東京新聞から抜粋しました。

スマートフォンを使う子どもたちに何が起こったのか?
もやもやしたまま過ごされた方もいらっしゃるかもしれません。

皆さんに、
前回から今回までの間に考えていただくために、
わざと中途半端に終わらせました(すみません)
さて、私たちの解釈を述べたいと思います。

自宅学習習慣のない子どもたちの成績が下がるということは、
学校で覚えたことが脳の中から消えてなくなったと考えられます。
生物学的な理由はよくわかりません。

スマホを操作している時の脳活動を計測すると、
前頭前野の働きは低下しますので、これが原因のひとつなのかもしれません。

実際、
スマホのアプリで音楽を聴こうと、
動画を見ょうと、
ゲームをしようと、
メッセージのやりとりをしようと、
それらを使うとその使った時間に応じて学力が低くなるのです。

スマホを使うと、脳の機能に害があることはもはや疑いようがありません

スマホには習慣性と依存性があることは、
皆さん自身が経験されていることと思います。

過激ですが、
子どもたちの未来を守るため、
上手にリスクと付き合うことができる年齢になるまで、
スマホの使用を法などで規制することもやむなしと考えています。

(東北大加齢医学研究所長 川島隆太先生)

Follow me!